17-700 | Magna RIP™ RNA-結合タンパク質免疫沈降キット

PCR Analysis of RIP (Fold Enrichment):
RIP was performed using HeLa cell lysate and either anti-SNRNP70 or Normal Rabbit IgG as the immunoprecipitating antibody. Purified RNA was then analyzed by qRT-PCR using RIP Primers specific for the U1 snRNA.
PCR Analysis of RIP (Fold Enrichment):
RIP was performed using HeLa cell lysate and either anti
17-700
12 assays  RIPキット容量: RNA-結合タンパク質免疫沈降アッセイ12回分
価格を検索中…
価格が見つかりません
弊社照会 詳細を表示 
()
 
弊社照会
現在国内在庫なし 現在国内在庫なし
販売中止
在庫僅少
現在国内在庫あり
      注文対象外

       

      お問合せください

         比較クリックして印刷用に表示

      Overview

      主要スペック表

      主要アプリケーション
      RIP
      説明
      カタログ番号 17-700
      ブランドファミリー Upstate
      製品名
      • Upstate
      • Magna RIP
      説明 Magna RIP™ RNA-結合タンパク質免疫沈降キット
      概要 RNA-結合タンパク質免疫沈降法(RIP)は、in-vivoの実験系においてDNA-結タンパク質のDNAターゲットを同定する方法としてよく知られているChIP(クロマチン免疫沈降法)のRNAアナログであるといえます。
      RIPは、特異的な核内または細胞質内の結合タンパク質と複合体を形成する特異的RNA分子(多数の種類があります)を同定するために使用することができます。上記の実験には、内部形成されたRNA-結合タンパク質複合体の免疫沈降及び共沈してくる各種RNAの同時分離が含まれます。これらの各種RNAを精製することによってmRNA(mRNAと結合する非コードRNAも含まれる可能性があります)の解析と同定を行うことが可能であり、定量的逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(qRT-PCR)、マイクロアレイ分析(RIP-チップ)、「大規模シークエンシング」または次世代シークエンシングをベースとするプラットフォーム(RIP-Seq)等のダウンストリームアプリケーションを用いて直接評価することができます。

      特長及び利点:
      -核酸-タンパク質免疫複合体に結合するよう最適化されたプロテインA/G磁気ビーズ
      -RNAseインヒビター及びRNAseフリー試薬
      -ネガティブコントロール
      参考資料
      製品情報
      構成要素 ヌクレアーゼフリー水 磁気ビーズプロテインA/G RIP洗浄バッファー RIP溶解バッファー 0.5 M EDTA 10 % SDS 塩水溶液I 塩水溶液II 沈殿促進剤 正常なマウスIgG 精製ウサギIgG プロテアーゼインヒビターカクテル200X RNaseインヒビター プロテイナーゼK(10 mg/mL)
      説明 RNA-結合タンパク質免疫沈降(RIP)反応を12回実施するのに必要な全ての試薬が梱包された箱が2つ
      アプリケーション
      アプリケーション Magna RIP RNA-Binding Protein Immunoprecipitation Kit containing all necessary reagents to perform 12 individual RNA-binding protein immunoprecipitation (RIP) reactions.
      主要アプリケーション
      • RNA Binding Protein Immunoprecipitation (RIP)
      生体情報
      物理化学情報
      寸法
      材料情報
      有害性情報
      GHSに関する安全性情報
      安全性情報
      製品使用について
      使用について
      • Unless otherwise stated in our catalog or other company documentation accompanying the product(s), our products are intended for research use only and are not to be used for any other purpose, which includes but is not limited to, unauthorized commercial uses, in vitro diagnostic uses, ex vivo or in vivo therapeutic uses or any type of consumption or application to humans or animals.
      保管および輸送に関する情報
      保管条件 構成品の受取り後、ラベルに記載されている温度で保管して下さい。キット構成品は、記載されているとおりに保管した場合、出荷日から6ヶ月安定です。
      パッケージ情報
      材料サイズ 12 assays
      材料の包装材 RIPキット容量: RNA-結合タンパク質免疫沈降アッセイ12回分
      輸配送情報
      補足情報
      規格

      Documentation

      (M)SDS

      Languages
      English

      参考資料

      参考資料の概要Pub Med ID
      MicroRNA-466l Upregulates IL-10 Expression in TLR-Triggered Macrophages by Antagonizing RNA-Binding Protein Tristetraprolin-Mediated IL-10 mRNA Degradation.
      Ma, Feng, et al.
      Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), (2010) 2010

      概要を表示する
      20410487
      Advances in RIP-chip analysis : RNA-binding protein immunoprecipitation-microarray profiling.
      Baroni, Timothy E, et al.
      Methods Mol. Biol., 419: 93-108 (2008) 2008

      概要を表示する
      18369977
      Ribonomic and short hairpin RNA gene silencing methods to explore functional gene programs associated with tumor growth arrest.
      Baroni, Timothy E, et al.
      Methods Mol. Biol., 383: 227-44 (2007) 2007

      概要を表示する
      18217689
      RIP-Chip: the isolation and identification of mRNAs, microRNAs and protein components of ribonucleoprotein complexes from cell extracts.
      Keene, Jack D, et al.
      Nat Protoc, 1: 302-7 (2006) 2006

      概要を表示する
      17406249
      Gene expression analysis of messenger RNP complexes.
      Penalva, Luiz O F, et al.
      Methods Mol. Biol., 257: 125-34 (2004) 2004

      概要を表示する
      14770002
      Ribonomics: identifying mRNA subsets in mRNP complexes using antibodies to RNA-binding proteins and genomic arrays.
      Tenenbaum, Scott A, et al.
      Methods, 26: 191-8 (2002) 2002

      概要を表示する
      12054896
      Identifying mRNA subsets in messenger ribonucleoprotein complexes by using cDNA arrays.
      Tenenbaum, S A, et al.
      Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 97: 14085-90 (2000) 2000

      概要を表示する
      11121017
      Soluble and particulate metals in the Po River: factors affecting concentrations and partitioning.
      M Pettine,M Camusso,W Martinotti,R Marchetti,R Passino,G Queirazza
      The Science of the total environment 145 1994

      概要を表示する
      8023132

      カタログ

      タイトル
      RNA-Binding Protein Immunoprecipitation

      ユーザーガイド

      タイトル
      Magna RIP™ RNA-Binding Protein Immunoprecipitation Kit

      関連製品&アプリケーション

      Accessories

       カタログ番号 説明  
      20-400 Magna GrIP™ ラック(8ウェル) 価格&在庫状況を表示
      CDUFBC001 Biopak® C Clinical Cartridge 価格&在庫状況を表示
      CDUFBI001 Biopak® Polisher 価格&在庫状況を表示
      MBPKMNKIT Biopak® Wall Mounting Bracket 価格&在庫状況を表示

      関連製品: Brand Facette

      カテゴリー

      Life Science Research > Protein Detection and Quantification > Immunoassays > Immunoprecipitation (IP) > RNA-Binding Protein Immunoprecipitation (RIP) > RIP Kits
      Life Science Research > Antibodies and Assays > Immunoassays > Immunoprecipitation (IP) > RNA-Binding Protein Immunoprecipitation (RIP) > RIP Kits